当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています。

象印のスチーム式加湿器はお手入れと移動がラク!蒸気で部屋も暖かい

加湿器をやっと買い替えました。
ずっと超音波式の加湿器を使っていたのですが、何しろ使いにくかったです。

新しく買ったのは象印のスチーム式の加湿器(EE-RS35)です。

ZOJIRUSHI スチーム式加湿器 EE-RS35-WA
象印 スチーム式加湿器
EE-RS35

以前の超音波式加湿器の不満なところ

以前の超音波式加湿器は、水が溜まるところが複雑でお手入れがしにくかったです。
ヌメリも付きやすかった。

そして、お手入れする時に洗面所までその加湿器を運ぶのですが、取っ手が付いていないから両手で抱えて運ぶのです。
二階の寝室にある加湿器を下の洗面所まで運ぶのに、両手で抱えて階段を下りないといけないって危なすぎる!
足を踏み外しでもしたら大変なことになると、いつも慎重に階段を下りていました。
さらに、その加湿器は電源コードが取り外せないので、ぶら下がったまま運びました、邪魔!

この加湿器を設計した人って使う人のこと何にも考えてないんだなと思ってイラついていました。

新しい加湿器に求めたこと

なので、私が新しい加湿器に求めたのは、お手入れが楽なことと、持ち運びできる持ち手がついていることでした。

検索して見つけた象印のスチーム式加湿器が、私の理想にとても近かった。
数年前から発売していたようです。もっと早くに見つけて買うべきでした。

使ってみた感想

加湿器自体は軽くて、もちろん取っ手も付いているので持ち運びがラクです。
電源コードも取り外せます。

ポットのように上ぶたを開けて水を入れます。
中の容器は複雑な形状ではないので、お手入れは簡単です。※定期的(1~2ヶ月に1回)にクエン酸洗浄を勧めています。

象印 スチーム式加湿器
EE-RS35

水を入れて運転が始まるまでちょっと時間がかかります。
これ、はじめは「えー!」って思ったのですが、スチーム式なので沸かさなければいけないんですよね。
水の量がそんなに多くなければ時間はかかりません。

シューシューとお湯の沸く音がしますが、私はあまり気になりません。
今もリビングに持ってきて使っていますが、シュワシュワ鳴っています。
うるさいというほどではないと思います。

これを書いている日は、晴れて湿度も低く寒い日なのですが、蒸気とともに湿度が上がり部屋が暖かく感じます。
なので、暖房の設定温度を下げたりしています。

象印 スチーム式加湿器
EE-RS35

上ぶたにはロックが付いています。チャイルドロックも設定できます。
フタを開ける時にロック解除しながら開けるのですが、それがちょっと戸惑います。

そして、上から蒸気が出てくるので、小さいお子さんやペットのいるご家庭では何らかのガードをした方が安全です。蒸気の温度は約65℃のようです。

他の機種との違い

購入する上で、象印のホームページで他の機種と比べて何が違うのか検討しました。

私の買った機種は、一番小さな容量(2.2L)のものです、ということはお値段も一番手頃なもの。
上位の機種だと容量が大きく、タイマーの設定が細かいのが特徴だと思います。

寝室は6畳で天井が高いのですが、エアコンと併用し、寝る2時間前くらいからつけていて、寝る前には消しているので、今のところタイマーは使っていません。

買ってよかった

以前は超音波式加湿器を使っていて、お手入れのしづらさにイライラしていました。
象印のスチーム式加湿器は、お手入れも移動もとにかくラク!
さらに、蒸気で部屋が暖かく感じるのもうれしいです。
買ってよかったし、もっと早く見つけて買いたかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました